低所得でも塾なしで子供2人を県外国立大学に進学させている母ちゃんのブログ

 自然と勉強するような子に育てる秘訣・家事・お金のこと・生き方について書いています。

*

【学生寮】メリットだらけ!安心安全で快適・自由な暮らしのススメ!!

      2017/06/11

 

地方から県外国立大学へ進学する大学生の一人暮らしには、親の負担がかなりあるとこちらのブログで書きました。母親必見!大学生一人暮らしの生活費を抑える秘訣とは? 

 

そこで、入居条件の対象になるようであれば、ぜひ大学の学生寮に入ることをおすすめしたいと思います。

 

gakuseiryo

 

===============

 

はじめまして!管理人のぐりんです。当ブログにお越し頂き、ありがとうございます!はじめてお越しの方は、こちらの『はじめての方へ』をお読み下さい。

 

スポンサードリンク

 

===============

 

学生寮のメリット①賃料が安い!

 

全国的な平均で、大学生の一人暮らしでの民間アパート賃料は約4万円と言われています。都心部だと、8~9万円するところもありますが、地方の県庁所在地ではおおむね3万~4万円です。

 

それでも、学生寮は全国平均で1万円~なので、家賃だけで3万円は差があります。年間で36万円、4年間で144万円は違ってきます。かなり差がつきます!

 

yachinheikin

出典:https://careerbaito.com/column/detail/954

 

学生寮のメリット②家具付きの部屋が多い!

 

学生寮では、少子化に伴い学生数も減少し入居数が減っているせいか、昔に比べて、寮自体のクオリティがかなりよくなったと感じています。

 

全国的な公共施設の耐震化工事に伴い、古い建物は改修されるか、新築されているところが多いです。その際に、昨今の温暖化に伴い、エアコン完備・家具付きになっているようです。

 

多少古くても、部屋が個室なら、共同トイレ・お風呂でもあまり寮のデメリットは感じないですね。昔の寮のイメージは、相部屋で人間関係が辛いというものでしたから。

 

エアコン・家具付きならば、入学時にかかる費用もかなり浮くし、大学を卒業する際にも無駄にはなりませんね!これは、かなりのメリットだと思います。

 

ただし、寮によっては、旧態依然のまま建物が古い・汚い・狭い・相部屋ということもあるかもしれませんので、大学のホームページでご確認をお願いします。

 

スポンサードリンク

 

学生寮のメリット③安心安全である!

 

地方在住の親にとって、一番の心配は、『子どもが安心安全に生活できるか否か』ということでしょう!特に、女性の場合は、万が一にも事件や事故に巻き込まれたりすることがないように、多少家賃が高くても、セキュリティが万全な建物で生活してほしいと思うのが親心です!

 

その点、学生寮は玄関に管理人さんや寮母さんの詰め所があり、外部からの侵入者に対しても守られています。大きな災害や地震が起こった場合や子どもの具合が悪くなった場合でも、大勢の学生が一つの建物で暮らしているので安心ですね。

 

我が家の子ども達が入っている学生寮は、男子寮なので学生自体の自治組合があり、運営しています。そのため、門限にも制限はなく、宴会やアルバイトで夜遅くなっても、出入りは自由です。さすがに、寮生以外の外部の人を部屋に泊めるなどの違反をした場合は、即刻退寮になるようです。

 

今の学生寮には、昔で言うデメリットがほとんどないので、アパートで暮らしているように自由で快適に生活できているようです。また、建物の構造は、鉄筋コンクリート造のところが多いので、まるでマンションのようです!

 

ご家庭が入居条件の対象になるようであれば、入居申請しない手はありませんね!ぜひ、学生寮を検討してみて下さい!

 

スポンサードリンク

 

 - 大学入学以降