低所得でも塾なしで子供2人を県外国立大学に進学させている母ちゃんのブログ

 自然と勉強するような子に育てる秘訣・家事・お金のこと・生き方について書いています。

*

日常生活にルーティンを定着させるおすすめの方法とは?①同じ時間に同じ作業をすること!

      2017/07/02

 

日常生活をルーティン化すると、様々なタスクが完遂し、健康にもよいとされています。ただ、なかなか継続できないのが現状です・・・ルーティンを身につけさせるおすすめの方法について紹介したいと思います。

 

過去の記事でもルーティンについて書いています。

●『ルーティンを定着させる習慣は子どもの時から身につけさせる!』
●『子どもの行動習慣(ルーティン)が人生を大きく変える原動力になる理由とは?』

 

===============

はじめまして!管理人のぐりんです。当ブログにお越し頂き、ありがとうございます!はじめてお越しの方は、こちらの『はじめての方へ』をお読み下さい。

 

スポンサードリンク

 

===============

 

なぜ日常生活をルーティン化するといいのか?

 

私たち人間は、日常生活にやらなければならないタスク(自分の仕事や目標)に溢れています。

 

また、自分を向上させるために新しい挑戦をしても、継続が難しく三日坊主に終わることも多々あります・・・

 

なぜ、いいと分かっているのに継続できないのでしょうか?大人だけでなく、子供達も『勉強すれば成績はあがる⤴』と分かっていても、なかなか継続できないものです。

 

おすすめは、日常生活をルーティン化することです!すべて時間割のように同じ時間に同じ行動をすることで、たくさんのタスクが完遂していけます。

 

ルーティンは3週間ほどで継続が習慣化できると言います。初めは慣れなくてうまくいかなくても、次第にスムーズにこなしていけることを実感できます。逆に、ルーティンをしない方が、居心地の悪さを感じるほどです。

 

ルーティン化のメリットとは?

 

日常生活では、人は1日の中で小さなことから大きなことまで、たくさんの決断をしながら暮らしています。

 

朝食は何を食べるか
服は何を着るか
靴は何を履くか
カバンやバックは何を持っていくか
どの道を通って通勤するか
ランチは何を食べるか
買い物は何を買うか
夕飯は何を食べるか
どのテレビを見るか
夜の時間をどうやって過ごすか

 

などなど・・・人間はたくさんの選択肢の中から、たくさんの決断をしていると言われ、かなりのエネルギーが必要とされています。

 

意外にも、会社や学校にいた方がスケジュールに沿って行動できるので、楽だと思いませんか?

 

1日の行動が決まってないから、たくさんの決断が必要なのであって、全ての行動がルーティン化していれば、決断するストレスが減り、自分のやりたい作業に一番エネルギーを投入できるようになります!

 

このことこそが、ルーティンの最大のメリットなのです。

 

スポンサードリンク

 

 

ルーティンへの依存化で得られるものとは?

 

野球選手のイチローが、日常生活の全てをルーティン化しているのは有名な話です。彼がルーティンに依存することの目的は、「ルーティンワークによってストレスフリーになる」ことだそうです。

 

イチロー選手にとって、日常生活をルーティン化することで雑事の全てを事務的にこなしていき、心身の負担を軽減させ、野球のプレイに全エネルギーを注ぐことができるのです。

 

言い換えれば、日常生活という川の中に浮かぶ『ルーティンというゴンドラ』に乗って、時間の中でスムーズに流れていけるといったイメージです!

 

我が家では、家族全員それぞれのルーティンに従って行動しており、とてもスムーズに生活しています。また、たくさんのタスクを完遂することができ、ストレスフリーを実感できています!

 

子供にもルーティンを習慣化させることの重要性

 

過去の記事でも、同じような記事を書いています。

 ↓ ↓ ↓

ルーティンを定着させる習慣は子どもの時から身につけさせる!

子どもの行動習慣が人生を大きく変える原動力になる理由とは?

 

子供には、幼少時より家族と一緒に日常生活をルーティン化することをおすすめします!

 

そのためにも、小学校に上がる頃には、何か生活の大きな柱となる習い事やスポーツを始める方がいいと思います。

 

さきほども、ルーティンは川を流れるゴンドラと例えましたが、ありあまるほどの自由な時間があると、時間という大海の中をゴンドラが進むことになって、うまく舵取りしていけません。タスクを先延ばしてしまいがちになります。

 

夏休みになると、宿題を先延ばしにして、毎日遊んでしまい・・・最後の2~3日で宿題を仕上げ、何とか提出するという失敗は、誰にでも経験がありますよね?

 

人間は、本来楽な方に楽な方にいきたいナマケモノなのです。

 

ゆえに子供には時間がないくらい忙しい方が、習い事やスポーツを中心にルーティンが組みやすく、流れにそって宿題や勉強もこなしていきやすいです。

 

ルーティンが身についた子供は、親がうるさく言わなくても、自分から進んで勉強し、率先して行動できるようになります!そのため、小さな成功体験を積み重ねながら自己肯定感が次第に高くなり、就活やその後の人生もうまく行きやすいです!

 

逆に、ルーティンが身についてない子供は、中学・高校で成績が落ちてきて、塾に行くようになっても、成績アップなどの効果が出にくいと言われています。

 

最後になりましたが、日常生活がルーティン化してくると、生活にリズムが出てきて、体内時計が整い、健康的になってきます! このことについては、また次回に詳しくお話したいと思います!

 

ぜひ、お子さんと一緒に家族で日常生活をルーティン化し、たくさんのタスクをこなせるようになって下さいね!

 

スポンサードリンク

 

 - ルーティン , , , ,